iPhoneのタイムラプスの動画の長さがどう決まるのかのメカニズム

iPhoneのタイムラプスの動画の長さがどう決まるのかのメカニズム
記事をシェア

iPhoneにデフォルトで入っているカメラアプリでタイムラプス(time laps)撮影をしている時に、出来上がった動画の長さがどうも思ったような尺にならない。長時間放置撮影して出来上がった動画時間の長さが想像よりもずっと短かったなんて経験をした人はきっと私以外にもいると思う。下記に表でまとめたものを残しておく。

撮影時間に応じた書き出される動画の長さと撮影間隔のリスト

撮影時間 書き出される動画の長さ 撮影間隔
1分間 4秒 0.5秒間隔
5分間 20秒 0.5秒間隔
10分間 20秒 1秒間隔
30分間 30秒 2秒間隔
60分間 30秒 4秒間隔

どんなに長く撮影しても30秒程度に収まるように自動で編集される

そしてデフォルトのカメラアプリでこの設定を変えることは今のところできない。

つまりこれは、撮影時間が長くなるにつれてシャッターを切る間隔も自動で長くなる仕組みらしい。撮影時の設定にこだわりたい人は、appストアでサードパーティ製のアプリを落とす必要がある。

30秒以上の尺のタイムラプス動画を作る方法

デフォルトのカメラアプリでは上記で述べたようなアルゴリズムがあるので、AppStoreでサードパーティ製のアプリをダウンロードしないといけない。

おすすめはLapse itというアプリ。機能制限のある無料版と、有料版がある。

Lapse it pro でできること

1080p以上の画質でタイムラプスが撮影できる

撮影デバイスのもつ最大限の能力を引き出して動画をとることができる。尚、Lapse itの内部で動画をレンダリングした場合の最高画質は1080pなので、それ以上超高画質撮影の場合はデータをPCに転送してレンダリングする必要がでてくる。

細かい設定がいろいろ可能

1秒当たりのフレーム数、撮影間隔、ビデオの拡張子、画質クオリティなど様々な設定が細かく設定できる。大き目の設定で撮影したものをあとから設定変更して書き出しすることも可能。

フォーカスポイントの設定や、露光、ISO、シャッタースピードなども細かく設定できる。

フィルターが豊富

動画に対してのフィルター数がiPhoneのそれよりも圧倒的に豊富

記事をシェア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで0lloをフォローしよう!