iPhoneのタイムラプスの動画の長さがどう決まるのかのメカニズム

iPhoneのタイムラプスの動画の長さがどう決まるのかのメカニズム
記事をシェア

iPhoneにデフォルトで入っているカメラアプリでタイムラプス(time laps)撮影をしている時に、出来上がった動画の長さがどうも思ったような尺にならない。長時間放置撮影して出来上がった動画時間の長さが想像よりもずっと短かったなんて経験をした人はきっと私以外にもいると思う。下記に表でまとめたものを残しておく。

iPhoneのタイムラプスの撮影時間に応じた書き出される動画の長さと撮影間隔のリスト

撮影時間 書き出される動画の長さ 撮影間隔
1分間 4秒 0.5秒間隔
5分間 20秒 0.5秒間隔
10分間 20秒 1秒間隔
30分間 30秒 2秒間隔
60分間 30秒 4秒間隔

iPhoneのタイムラプスは、撮影時間が長くなるにつれてシャッターを切る間隔も自動で長くなる仕組みらしい。撮影時の設定にこだわりたい人は、appストアでサードパーティ製のアプリを落とす必要がある。

記事をシェア

英語の勉強方法について相談受け付けています

こちらのfacebookのアカウントに連絡を頂ければ、返信致します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで0lloをフォローしよう!