これが持ち歩けるって凄い!スカイリム、ニンテンドースイッチ版の評価

これが持ち歩けるって凄い!スカイリム、ニンテンドースイッチ版の評価
記事をシェア

執筆辞典では日本版がまだ発売してないので、北米版版のレビュー。

スカイリムのゲーム性に関しては既にたくさんのレビューがあるのでそちらを参考にされたし。

スイッチ版をわざわざ買う必要があるかという点と、他のコンソール機上でのスカイリムと比べた場合のレビューを簡潔に記す。

日本在住の人でも、北米版のeshopカードを購入してアカウント作成すればダウンロード購入できる。

参考記事 : ニンテンドースイッチで英語版のゲームをプレイする 複数言語対応のソフト一覧

動作は非常に安定していて、カクつかない

PS3版を所持しているが、それよりもカクつかないかもしれない。携帯ゲーム機もここまできたのかというほど処理がカクつかなくて驚いた。

そのかわり画質はそこまでよくない

プレイ状況によって解像度が可変するシステムらしいが、TVモードでも1080pまで対応しているとおもいきや、最高でも900pまでしかでていないらしい。そのかわり動作は60fpsを常に保っていられる模様。

これが携帯モードになると、1280x720をベースに、処理が重たいところでは896x720まで低下することがあるらしい。ただ、携帯モードのときは解像度は落ちているはずだが、そもそもの画面が小さいので全然気にならない。

スカイリムの広大な美しい世界観を大画面で楽しみたい!という人は、正直ps4とかpc版を買うべきだと思う。実際テレビ画面が大きいと、細かい描写力にチープな感じが多少するのは否めない。また、草などの画像テクスチャなども「動作安定」と引き換えに結構削られて要るっぽい。

グロ表現に規制がかかってる

血の描写が抑えられている。

敵を切ったときに剣に血がこびりつくはずだが、こびりつかない。いろいろなエフェクトのグロさはマイルドになっている。

なんといっても携帯モード!

スイッチ版最大の利点。寝ころびながら冒険できる。

いつでもどこでもこの広大なエリアを冒険し尽くしたい人にとってはかなり良移植だとおもう。これでサクサク動くのが凄い。

解像度は携帯モードだと落ちているらしいが、実際そこまで気にならない。充分綺麗。他の機種とくらべると、細かい描写にシャープがかかってないかんじは確かにあるかもしれない。

ただ、全体的に文字が小さくて若干読みずらいかもしれない。

スカイリムが好きで携帯モードでも手軽にスカイリムをプレイしてみたい人や、興味があったけれど未プレイの人にはお勧めできる。

携帯してまでたぶんやらないだろうな人で画質にこだわる人はPC版がおすすめ

これを言えばもともこもないが、ゲーミングPCを所持しているならそれ以上の体験は期待できない。スイッチ版を買う事の理由はあくまでその携帯性に付加価値があると思っていた方が良い。

結構昔のゲームなのに値段据え置き

当時の定価のままである(CAD79.9)。恐らく日本版も値段据え置きでしょう。

正直、今まで全くスカイリムをやったことがない人以外、あえて手を出すほどのものでもないと思う。

バグなども据え置き

PC版やPS版であったようなバグは引き続き残っている。

結論:今までスカイリムをプレイしたことなくてARPG好きなら買い

81点。よくもわるくも、あの超名作スカイリムがそのままスイッチでプレイできる。移植として物凄いアップグレードはないものの、目立った懸念点もない。スイッチでも十分に美しく広大な世界にどっぷりどこまでも浸ることができる。そしてそれを携帯できる。「名前だけは聞いたことあったけど今までやったことなかったな」という人でニンテンドースイッチを所有している人は、購入を検討してみるのはいかがだろうか?

記事をシェア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで0lloをフォローしよう!