アストロ デュエルデラックスSwitch版の評価,操作方法 - パーティーゲームとしてどうかのレビュー(ASTRO DUEL DELUX)

ASTRO DUEL DELUX(アストロ デュエル デラックス) Switch版の評価、レビュー - 友人と複数人でやるパーティーゲムとしてどうか
記事をシェア

友人が来た時に、4人以上でスイッチで遊べるいいゲームはないかなと探している時に発見したゲーム。

価格は1,599円で、joy-conのおすそ分けモードに対応していて6人まで同時プレイができるらしいということで購入。

アストロデュエルデラックスの基本操作

おすそ分けモード、プロコン、両手持ち等、全ての持ち方に対応している。

操作方法はとてもシンプル、覚えることが少ないので購入してすぐに皆でワイワイ遊ぶことができる。

スティックで機体の進行方向を決定して、直進ボタンと、攻撃ボタンを押してゲームを展開する。

スペシャル攻撃ボタンはアイテムを獲得すると放つことができる。アイテムによるが、基本一度使えばなくなる。

機体の向いている方向にしか進むことができないため、急旋回することはできない。

スーファミでいうXボタン(プレステでいう△)にあたるボタンを押すと急加速(ブースト)ができる。連続使用はできない。

ジョイスティックを下にいれながら、一時ブーストボタンを押すと、一瞬で進行方向に対して180度逆方向に向きを変えて進むことができる。

通常攻撃は3連射までできるが、一度連射し切るとしばらく打てない。ロードされていて即座に打てる段数は、時期の周りを浮遊している点の数で確認できる。

ステージ上の壁や隕石にあたってもダメージ判定はない(一部をのぞいて)。

対応言語が多い。

アストロデュエルデラックスで二人プレイしてみた

まずはコンピューター(CPU)をいれずに二人でローカルプレイしてみた。

ゲームの簡単な説明が画面内にでるが、とくにチュートリアルらしいチュートリアルはなし。

キャラクター(見た目だけ変化で能力差はなし)選択後に、ゲームモード、ルールなどを決めてゲーム開始。

最初に基本操作を確認する時間が少しあり、ここで移動方法だけは説明される。

ゲーム開始後

各機体の初期位置はランダムで決まり、ステージの端からスタートする。

移動に慣れないうちは敵の弾につっこんでいったりしてしまう。

1ゲーム自体は1分かからずにサクっとおわる事が多い。

ステージの種類は最初から結構多く、テンポよくゲーム数が消化できる。

4,5ゲームやれば慣れる。

二人でやっても充分楽しめる

ゲーム操作がシンプルなので基本操作がわかってくると楽しんでプレイできる。

二人でやってもわりとすぐに勝敗がつくので、6人でやったらおそらく大変なことになるのではないかという想像は容易につく。

10ゲームぐらいすると満足する。実力が近い人とであれば長く楽しめるかもしれないが、運要素が少ない分タイマン勝負で優劣がきまってくると、負ける側は常に負け続ける為飽きやすくなる。

タイマンに飽きたら協力プレイでCPUを混ぜるなどした方が良い。

CPU(HARD)が強い

CPUはレベルがeasyとhardの2種類用意されている。

どちらのモードもわりかしアグレッシブに攻めてくるので、移動し続けてないとすぐに死んでしまう。

HardレベルのCPUは狙いがなかなか正確なので、ある程度ゲーム慣れした人でも手こずるレベルだと思う。

ただしHardモードでもCPUは自殺が多い。特にバリア(触れたら即死の壁)に突っ込んでいく挙動が多いので、どうしても勝ちたい場合はサドンデスの時間まで待つと自滅を誘える。

様々なゲームモードがある

4人以上いないと出来ないゲームモードもある。

協力するものから、デスマッチ系のものまであり、1ゲームあたりの時間が短いのでサクサク遊べる。

複数人でやる場合は、パイロットキルのルールでやるのがオススメ。パイロットキルのモードだと、機体が破壊されてもパイロットオンリーの状態で一定時間生き残る事で、自機を復活させることができる。そしてパイロットキルモードのほうが笑える。

アストロデュエルデラックスの総評

76点

値段がスイッチゲームの中では安い(1599円)なので、友人と複数人でワイワイやるゲームのバリエーションをふやすという目的で買うと良い。

一人でプレイしても面白くない。ハードを倒せるようになるとやる事がない。

シンプル操作で奥が深いが、運要素は少ないため、上手い人と下手な人がやると下手な人が楽しみずらい(それはどんなゲームでも当てはまることだが。。)。

記事をシェア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで0lloをフォローしよう!