家族、友人、恋人とプレイしたら盛り上がるニンテンドースイッチのおススメゲームソフト

家族、友人、恋人とプレイしたら盛り上がるニンテンドースイッチのおススメゲームソフト
記事をシェア

ローカル対戦で盛り上がる対戦、パーティー、協力モードなどがあるニンテンドースイッチソフトを紹介していく。

なお今回の記事で取り扱うゲームは「多人数プレイ」「ニンテンドースイッチの必要台数が一台」でよい、という基準を満たすものから選んでいるので、一部の有名ゲームはリストから除外した(スプラトゥーン2など)。

アストロデュエル デラックス

どんなゲーム?

ドット絵のレトロなシンプルなシューティングゲーム。おすそ分けモードに対応していて、最大6人まで同時に遊ぶことができる。おすすめはパイロットモード。パイロットが逃げ惑う姿が可愛くて、多人数でやればなかなか盛り上がる。複数人でスイッチのタッチパネルを使って遊ぶモードもある。値段もお手頃。

興味があれば以前書いたこちらの記事も - アストロデュエルデラックスSwitch版の評価

どういった人達におすすめ?

シンプル操作なのシューティング慣れしてない人でもそれなりに楽しめる。ゲームの慣れ具合に少し差のある友達や、対戦好きなカップルにおすすめ。シンプルとはいえ、操作方法に若干慣れが必要なため、あまりにコントローラー慣れしてないとつまづくかもしれない。4人以上であれ初中級者〜上級者がいりまじってもそれなりに盛り上がる。

マリオカート8

どんなゲーム?

皆さんご存知マリオカート。スイッチが2台あればオフラインでも8人同時までプレイできるが、スイッチが一台の場合は4人まで同時にプレイできる。定番ゲームなので、レース系を持っていなければ一本持っておくとパーティーゲーム時に盛り上がる。レースはアイテムの効果が強いので比較的運要素が絡みやすいが、運が絡むのはあくまでコースを知らない人同士でプレイした場合の話。

どういった人達におすすめ?

ゲームの慣れ具合に差があっても、コースじたいが初見の人同士であればそれなりに楽しめる。が、レースゲームは基本コースを知っているかどうかがかなり重要になってくるので、マリオカートそのものをやり慣れている人vsそうでない人であればさすがに差がでるゲーム。上級者同士のシンプルなタイムアタックか、ゲーム中級者〜上級者で、マリオカート経験が浅い人同士ならそれなりに白熱する。

1-2-Switch

どんなゲーム?

ほとんどが1対1のゲームだが、ジョイコンを変わりばんこに使う事で何人でも気軽にゲームをすることが出来る。ゲーム自体どれも数秒から数分でおわるミニゲームばかり。やり込み度はあまりないので一人でやっても全く面白くないし、長く遊べるゲームではないように思える。ジョイコンのジャイロセンサーを使ったゲームが多いので、指先だけでなく、体を大きく動かすゲームがおおい。

どういった人たちにおススメ?

Wiiリモコンのゲームで盛り上がれるひと向き。実質何人でも代わり番こに遊べる(交代交代で)。普段ゲームをしてるかしてないかはほとんど関係ないので、どんな人でも混ざって楽しむことができるというのが最大の特徴。もっともターゲットユーザーの幅が広い。体を使うのが好きな人にもおすすめ。ガチゲーマー向きではない。

ボンバーマンR

どんなゲーム?

昔ながらのボンバーマン。リリース直後は問題がありすぎて評価が散々だった。2018年現在それなりに改善はされてきている。詳しいゲームレビューは別ページにまとめてあるのでそちらを参照の事。

スーパーボンバーマンR レビュー

どういった人たちにおすすめ?

ボンバーマンを知ってる人も知らない人にもおすすめのパーティーゲーム。オンラインは評判が良くないが、オフラインで楽しむのはさすがのロングセラー、初心者から上級者まで幅広くプレイでき、かつ一台のスイッチで8人まで同時にプレイできるというのも大変ポイントが高い。最初に選べるステージ数はそんなに多くない(お金を集めて購入しないといけないが高い。。。)。昔からあるゲームな為、シンプルなゲームであっても、ガチプレイヤーや様々なテクニックの存在は無視できない。ゲーム慣れしてない人を混ぜるときはチームバトルモード特殊能力ありのキャラクターを使わせてあげるといいかもしれない。

ぷよぷよテトリス

どんなゲーム?

不地区の名作落ちものゲームの「ぷよぷよ」と「テトリス」が両方楽しめるゲーム。詳しいゲームレビューは別ページにまとめてあるのでそちらを参照の事。

ぷよぷよテトリスSについてのメモ、小ネタ、評価、仕様など - スイッチ版ぷよテト

どういった人たちにおすすめ?

ぷよぷよやテトリスは素人と経験者の間には海よりも深いレベル差があるため、ハンデキャップ云々をつけたところで勝負になるものではない。なので友人とタイマンゲームをする場合はレベルがあるていど近くないと楽しめないが、レベルが近いもの同士でやればこれほど盛り上がれるゲームはなかなかない。また、4人まで同時対戦できるため強い人vsそうでない人3人チームでの対戦などすることである程度の力差なら埋めることができる(とはいっても素人が何人束になろうが相当なガチプレイヤー1人にはまるで歯が立たない仕様のため、パーティーゲーム用に購入を検討しているのであれば、ある程度の経験はある方が望ましい。オンラインも人が多く充実しているので、一人でトレーニングをしたい人にもおすすめ。

マインクラフト

どんなゲーム?

世界各国でもっとも売れていて知名度のあるゲームソフトのひとつ。サバイバルモードとクリエイティブモードの2つの遊び方がある。メインのサバイバルモードでは、プレイヤーはランダム生成されて広大な3Dの世界でただひたすらサバイブしていく。このサバイバルモードではいわゆるゲームオーバーがなく、死亡した場合はレベル1に戻り所持品を死んだ場所でばらまくだけである。ばら撒いたアイテムは一定時間経つと消える。レベルの概念は存在するが、他のRPGと異なり、レベルがあがってもステータスが向上することは一切ない。レベルは、武器防具をエンチャント強化する際に消費するためだけのものなので、序盤に事故死してレベル1になったからといってもそこまできにする必要はないだろう。

どういった人達におすすめ?

オフラインでも二人で同時に遊ぶことができるので、オープンワールドでバーチャルな第二の生活をおくって現実逃避したい人は、恋人や嫁さんとプレイすると楽しいかもしれない。ヨーロッパでは学校の教材として子供達にマイクラをぷれいさせているところもあるとかないとか。試行錯誤するのが楽しいゲーム。

GUNGEON(ガンジョン)

2Dの弾幕シューティングで、かつ死ぬたびにフロア1、アイテムリセットされ、ダンジョンの地形は毎回変わるという不思議のダンジョン要素がある。価格帯は安いが、ゲームの完成度はなかなか高く、やり込める作りになっている。ドット絵キャラたちもとてもかわいい。

どんな人達におすすめ?

ある程度ゲーム慣れしていたほうが楽しめる。弾幕避けがメインなので、シューティング慣れしていないとすぐ死んでしまうかもしれない。2Pモードで操作できるキャラクターは固定だが、最初からプレイヤー蘇生アイテムを1つ持っているのが強力。アクションゲーム好きが二人揃えばハマると思う。

いっしょにチョキッとスニッパーズ プラス

どんなゲーム?

複数人で協力して課題をクリアしていくのがメインなゲーム。画面の説明が最低限なことが多いので、なにをしたらいいのか探すところもふくめて課題になっている。

どういった人たちにおすすめ?

争わずに平和にじっくり協力してゲームをしたい2〜4人グループにおすすめ。盛り上がる系のゲームではないきがする。絆を深めたい親子やカップル向きかも。ガチゲーマー向きではない。

二人プレイできるがお勧めできないゲーム

スプラトゥーン2

いまだに根強い人気をほこるが、ローカルでのプレイはスイッチが2台必要になるので注意。パッケージ裏には二人で遊べると書かれているので、スイッチ購入と同時にこのソフトを購入する人も一定数いるかとおもうが、このゲームはJoy-conのおすそ分けモードに対応していないので、スイッチ一台とソフト1つを買っただけでは二人では遊べません。

アップデートも頻繁にされていたり、オンラインイベントも豊富なので、一人用ソフトとしてはとても良ゲー。

INVERSUS

二人でも対戦できるシューティングゲームだが、シンプルすぎて盛り上がりにくい。複数人で楽しむことを重視するならアストロデュエルデラックスのほうが幅広い層にウケるとおもう。

一人用のアーケードでハイスコアを狙うのはなかなかアツく、ゲーム自体もなかなか完成されているので、シューティングが好きで一人用でもよいなら買ってもいいかも。

INVERSUS DELUXEニンテンドースイッチ版の評価

記事をシェア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで0lloをフォローしよう!